【金沢市 歯科 あらき歯科 ホワイトニング インプラント】
ホーム
院内のご紹介
院内感染対策
交通案内
医師の紹介
診療科
一般歯科
小児歯科
小児矯正(床矯正)
口腔外科
歯周病科
予防歯科
審美歯科
インプラント

インプラント

インプラントについて   ブリッジ、義歯(入れ歯)との違い
歯を失った場合の治療法には、従来のように隣の歯を削って入れるブリッジ、または入れ歯がありますが、それに代わる新しい治療法としてインプラントが注目されています。
 一般的に入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つの方法があり、それぞれ以下のような特徴があります。

 ブリッジ

良い点

・ 固定式なのであまり違和感がない
・ 天然の歯と変わらない審美的な修復が可能

留意点

・ ブリッジを支えるために両隣の健康な歯を削らなければならない
・ 支えになる歯には大きな負担がかかり、将来的にその歯を失う原因になる場合がある
・ ブリッジの橋の部分と歯肉との間に食べ物のカスがつまり、不衛生になりやすい

ブリッジを支えるために両隣の健康な歯を削らなければならない 支えになる歯には大きな負担がかかり、将来的にその歯を失う原因になる場合がある

 義歯 (いれ歯)

良い点

・ ブリッジでは対処できないような大きな欠損にも対応できる
・ 治療が比較的簡単で、通常の入れ歯なら治療費も安い

留意点

・ 噛む力が減退し、固い物を噛むのに苦労する場合がある
・ 取り外して手入れをするのが大変
・ 食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすい
・ ガタつきがあったり、留め金が気になったりして、口の中に違和感を感じやすい
・ 部分入れ歯の場合はバネで支えている隣の歯への負担が大きい
・ 見た目(審美性)がよくない場合がある
・ 発音がうまくできない場合がある
・ あごの骨がやせてくる

バネで支えている隣の歯への負担が大きい
あごの骨にも負担がかかり、やせてくる

 インプラント
インプラント治療の利点 は抜けた歯の外観と機能を、歯根から歯冠まで修復できることです。 人が物を噛むときの圧力は、想像以上に大きいものですが、丈夫なインプラント(人工歯根)なら、天然歯と同様に機能します。 インプラントの最大のメリットは、きちんとした手入れをすれば、治療効果が長期間持続することです。海外の報告ですが、35年以上前に治療を受けた最初の患者さんのインプラントが、今なお問題なく機能しているとのことです。

良い点

・ 天然の歯と同じ感覚で噛むことができる
・ 天然の歯と遜色のない高い審美性
・ 周りの歯に負担をかけない
・ インプラントがあごの骨に力を加えるので、あごの骨がやせるのを防ぐことができる

留意点

・ 歯を抜くのと同じ程度の手術が必要
・ 診査の結果、インプラント治療が行えない場合がある
・ 一般的な入れ歯やブリッジに比べて治療費が高い
・インプラントは骨としっかり結合すれば天然歯と同様に食事を行うことが出来ますが、天然歯に比べ炎症や歯ぎしり、くいしばりに対しては弱い側面があります。
 インプラントを埋入し、歯が入った後は炎症の原因であるプラーク(ばい菌の集まり)をブラッシングでしっかりと清掃することが大変重要です。ご家庭でのブラッシングはもちろんのこと定期的なメンテナンスを受けていただくことがインプラントを長持ちさせるためには効果的です。
 歯ぎしりやくいしばりのある方はマウスピースを装着していただき、インプラントや天然歯に加わる過剰な力を分散させる必要があります。
・ 喫煙される方ではインプラントの成功率が低下します。特に骨造成が必要な方は必ず禁煙していただきます。インプラントのみの方でも出来るだけ禁煙をお勧めします。

ブリッジ 義歯 インプラント
 ブリッジを支えるために両隣の健康な歯を削らなければならない  支えになる歯には大きな負担がかかり、将来的にその歯を失う原因になる場合がある  バネで支えている隣の歯への負担が大きい
 あごの骨にも負担がかかり、やせてくる
 周りの歯に負担をかけない

インプラントを長持ちさせるカギは 「メンテナンス」

 インプラント治療は、成功率の高い治療で、インプラントの技術は目覚しく発展しています。 近年の研究報告では、インプラントが10年後口の中で機能している確率は約95%でした。
インプラントは、正しく利用することで、長持ちする治療法と言えます。
 長く持たせるためにインプラント治療で最も大切なのは、治療終了後のメンテナンスです。
長く使い続けるためにも、定期的なメンテナンスに通っていただく必要があります。

インプラントの具合が悪くなったら
 残念ながらインプラントはすべての方が一生使用できるわけではありません。
なかには除去しなければならないケースもあります。
 インプラント除去は多くの場合「自分の歯」を抜くのと同じです。
インプラントを除去した場合、ほとんどの方が「再びインプラント治療」を希望されます。
その際はインプラントを抜いた部位の骨が回復したら、再度インプラント治療を行います。
ただし、骨の吸収が進んだ場合には再度のインプラント治療が不可能な場合があります。

インプラントが長持ちするように手入れを行い、
定期検診を受けましょう!


 当院のインプラントへの姿勢

 当院では安全に確実を第1にインプラント治療を進めており、術前の診査、診断に重点をおいています。全症例において術前のテンプレート(ステント)を用いたCT撮影を行い、コンピュータ上でシュミレーションをし、インプラントの最適なサイズや植立方向を決定して、インプラント手術に望んでいます。
 また、インプラント治療が終了した後も、インプラントを長持ちさせる為のメンテナンスも重視しています。
当院では高品質な「日本メディカルマテリアル」社製「POI EX」のインプラントを採用しています。

 インプラント治療の流れ

1. 診査・診断

  ・問診、触診、レントゲン写真、CT、歯列模型、口腔内写真
2. インプラント埋入前の処置
     ・口腔内清掃
     ・残存歯の治療(歯周病治療、虫歯の治療、噛み合わせの治療など)
     ・必要に応じて骨移植など
3. インプラントの埋入手術

  ・1次手術 (インプラント埋入手術)
インプラントが骨と結合するのを待ちます。
  上顎 : 3~6か月   
  下顎 : 3~4か月
  ・2次手術 (頭だし手術)、必要に応じて歯肉移植術

4. 仮歯の装着・修正

  ・仮歯の装着
  ・仮歯の修正   1ヶ月~3ヶ月、ケースによっては6ヶ月
5. 上部構造製作
6.  メンテナンス
  ・インプラントを長持ちさせる為にはメインテナンスが重要です。
  ・メインテナンスの間隔は患者さんのお口の状態により異なりますがおおよそ4ヶ月~6か月に一度の間隔で行います。
詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。



金沢市の歯科HOME医院のご紹介院内感染対策交通案内ドクター紹介予防歯科
審美歯科インプラント


Copyright (C) Araki dental Office. All Rights Reserved